文化祭のため参加者は減ってしまったが、なんとか新人戦に参加できた。今回は法政が席を桜修館と明大明治の分を取ってくれた。助かるよなぁ〜
カツタロウは高体連デビューで31秒をマークしたが肩のケアがおいつかなかったのは勿体無かった。ダイキも負けずに二人で早くなってもらいたい。各々ネガティブな話もしたが次に向けて頑張ってもらうためなので受け止めて次に向けて頑張ってもらいたい。ここで引退する者もいないので、ドンドン攻めていってもらおう。悔しい思や惨めな気持ち、恥ずかしい気持ちをしないと中々強くなれない。
決勝進出は今年は桜修館がケンシ、明大明治はガイト。ガイトは予選から0.5上げての決勝5位。浮き上がりのドルフィン、後半の失速はここ一年の課題だったが決勝では少し修正できていた。jo まで0.26だがインハイは最短で100か半フリだからなぁ、、、昨年のこの時期の法政のユウスケのタイムは上回っているのでもう一度挑戦する準備を進めないとだ。
大会はゆっくり選手と話すよい機会なので、明日もコーチを捕まえてたくさん話して欲しい。そういう私もツノダコーチも捕まえて質問責にした(笑)


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM